「育児の人」と見られる心のざわつき。「いやだ、文学者として評価されたい」と思ってしまう

仕事相手と会っても、育児の話題ばかり出される。私を思いやってくれていることに違いない。そもそも、私がそう思わせているのだろう。でも、「育児の人」「育児の話をしたがっている人」と思われて、もう「文学の人」「文学の話がしたい人」だと思われないことがつらくてたまらない。自分が悪いのだが— 山崎ナオコーラ (@naocolayamazaki) December 8, 2019もちろん、エッセイではなんでも赤裸々に、直球で書くが、それは文章というものが好きだからだ。……文学者になりたい。「育児の人...

自主性の理想と限界 – 非国民通信

ここに来てコロナウィルスの感染拡大ペースが上がってしまっているところ、有名人の感染者も現れてきましたが、世間の受け止め方はどれほどのものでしょうか。巷では4月の学校再開に向けて動きつつあっただけに、ここからの爆発的な感染拡大を私は懸念していました。それを思えば今の時点で警戒気運が高まってくれた方が、結果的には良かったと思えないでもありません。 ちなみに私の勤め先では在宅勤務や時差通勤の推奨を3月末...全文読む...

自主性の理想と限界 – 非国民通信

ここに来てコロナウィルスの感染拡大ペースが上がってしまっているところ、有名人の感染者も現れてきましたが、世間の受け止め方はどれほどのものでしょうか。巷では4月の学校再開に向けて動きつつあっただけに、ここからの爆発的な感染拡大を私は懸念していました。それを思えば今の時点で警戒気運が高まってくれた方が、結果的には良かったと思えないでもありません。 ちなみに私の勤め先では在宅勤務や時差通勤の推奨を3月末...全文読む...

自主性の理想と限界 – 非国民通信

ここに来てコロナウィルスの感染拡大ペースが上がってしまっているところ、有名人の感染者も現れてきましたが、世間の受け止め方はどれほどのものでしょうか。巷では4月の学校再開に向けて動きつつあっただけに、ここからの爆発的な感染拡大を私は懸念していました。それを思えば今の時点で警戒気運が高まってくれた方が、結果的には良かったと思えないでもありません。 ちなみに私の勤め先では在宅勤務や時差通勤の推奨を3月末...全文読む...

自主性の理想と限界 – 非国民通信

ここに来てコロナウィルスの感染拡大ペースが上がってしまっているところ、有名人の感染者も現れてきましたが、世間の受け止め方はどれほどのものでしょうか。巷では4月の学校再開に向けて動きつつあっただけに、ここからの爆発的な感染拡大を私は懸念していました。それを思えば今の時点で警戒気運が高まってくれた方が、結果的には良かったと思えないでもありません。 ちなみに私の勤め先では在宅勤務や時差通勤の推奨を3月末...全文読む...

夜の街が風評被害:「バーやナイトクラブなど接待伴う飲食店」で – 木曽崇

もうムチャクチャですわ。以下、NHKからの転載。接待伴う飲食店などで感染か 当面行かないよう都が呼びかけhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012358881000.html30日夜、小池知事が緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、カラオケやライブハウスのほか、バーやナイトクラブといった接待を伴う飲食店などに行くことは当...全文読む...

小池知事の記者会見は「不要不急」だったのか?再選は支持しないけども… – 音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。本日は国民的スターである志村けんさんの訃報が駆け巡り、日本中が悲しみに沈む一日となりました…。志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けくれてありがとうございました。きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。ご冥福を心から祈ります。 pic.twitter.com/8TCe9udxpC— 蔡英文 T...全文読む...

拝啓 中西宏明 経団連会長様「氷河期世代を生み出した点を反省」いやいや反省パフォーマンスはもうやめて – 藤田孝典

【画像を元記事でみる】経団連が政策提言を発表日本経済団体連合会(経団連)は、3月30日に新型コロナウイルスに関連して、雇用最優先の姿勢を示し「第二の就職氷河期世代」を作らないと提言を発表したそうだ。経団連は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策に関する緊急提言案を固めた。リーマン・ショック時を上回る大規模な対策を検討する政府と足並みをそろえ、雇用の維持に最優先で取り組む姿勢を表明。「...全文読む...

拝啓 中西宏明 経団連会長様「氷河期世代を生み出した点を反省」いやいや反省パフォーマンスはもうやめて – 藤田孝典

【画像を元記事でみる】経団連が政策提言を発表日本経済団体連合会(経団連)は、3月30日に新型コロナウイルスに関連して、雇用最優先の姿勢を示し「第二の就職氷河期世代」を作らないと提言を発表したそうだ。経団連は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策に関する緊急提言案を固めた。リーマン・ショック時を上回る大規模な対策を検討する政府と足並みをそろえ、雇用の維持に最優先で取り組む姿勢を表明。「...全文読む...

「武漢かぜ」と「スペインかぜ」の特殊性 – 自由人

■高齢者をターゲティングしたかのような特殊なウイルス 新型コロナウイルス(武漢かぜ)感染のよる死亡者数は年代によって大きく異なっている。現状では、30歳以下の死亡率はほぼ0%となっており、70歳以上の高齢者の死亡率は10%を超えている国もある。と言っても、このパーセンテージを導き出した計算式には、カウントされていない感染者は含まれていないので、実際はもっと低く、おそらくケタが1つか2つ違うのではな...全文読む...

首相ブレーン医師 コロナ感染でルール逸脱の“優遇入院”か – NEWSポストセブン

新型コロナ対策の拠点となるべく新設された大学病院で、希少な病床のひとつが、「本来入院できない患者」のために充てられた。その人物は、首相直轄の諮問委員会メンバーにして、公衆衛生学の権威。発症から検査、そして治療まで、ルールを逸脱して進んだ入院劇──。「まさか、先生が」 新型コロナウイルスの国内流入を防ぐ“水際作戦”で厳戒態勢を敷く成田空港のそばに、3月16日、国の第一種感染症指定医療機関「国際医療福...全文読む...

首相ブレーン医師 コロナ感染でルール逸脱の“優遇入院”か – NEWSポストセブン

新型コロナ対策の拠点となるべく新設された大学病院で、希少な病床のひとつが、「本来入院できない患者」のために充てられた。その人物は、首相直轄の諮問委員会メンバーにして、公衆衛生学の権威。発症から検査、そして治療まで、ルールを逸脱して進んだ入院劇──。「まさか、先生が」 新型コロナウイルスの国内流入を防ぐ“水際作戦”で厳戒態勢を敷く成田空港のそばに、3月16日、国の第一種感染症指定医療機関「国際医療福...全文読む...