【流派】天然理心流 幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】

『天然理心流』幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】

更新日:





幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】

『天然理心流』

肉を切らせて骨を断つ。無骨さが田舎の剣術と揶揄され笑われた『天然理心流』が後世にその名が残るほど有名になるとは当時誰もが予想だにしなかった。その『天然理心流』の名を世に轟かせた立役者が、幕末の京で剣をふるった近藤勇と新撰組です。
遠江国の近藤内之助長裕が数々の流派を学んだ末に天然自然の法則に従って心と技を鍛える流派を創始『天然理心流』と名付けました。『天然理心流』は剣術だけに止まらず柔術や棒術もある。
近藤内之助は市川柳橋に道場「試衛館」を開き、かたわらで近隣の農村に出向き剣術を教えました。二代目の近藤三助は『天然理心流』の指南役から養子となり宗家を継承しました。近藤三助は武蔵国や相模国に出向き富農層の門弟を取り込んでいきました。
『天然理心流』は特に多摩地方の富農層の間で盛んになりました。江戸時代も後期になると権力腐敗が進み役人が信頼できなくなった富農層は自らの財産と命を守る目的で剣術を学びました。
その剣筋は流麗でも華やかでも無く「身を切られても相手の首を斬って命を絶つべし」形よりも実践に向けた剣術でした。
当時の江戸では竹刀を使う稽古が盛んでしたが『天然理心流』は昔ながらの木刀を用いた組稽古を行っていました。しかし、その木刀は普通の木刀より太く、重く真剣と同じ重量がありました。真剣と同じ重量を身体が覚え、足腰や呼吸法の鍛錬も行う、まさに実戦を意識した流派でした。
多摩地方は幕府の直轄地が点在し農民層に剣術が浸透しやすい環境でした。将軍様を農民が守護し奉る意識が強く、これが新撰組の礎になったと想像できます。
三代目近藤周助のもとで頭角を現したのが農民の子・宮川勝五郎のちの近藤勇でした。


【『天然理心流』の歴史 】

1702年 福井兵右衛門、下野国に生まれる   赤穂浪士・江戸本所松坂町の吉良上野介邸に討ち入り

1764年 戸賀崎熊太郎に免許皆伝を授かる   江戸大火が発生

1798年 斎藤弥九郎、越中国に生まれる    近藤重蔵がエトロフ島に「大日本恵土呂府」の標柱を立てる

1812年 斎藤弥九郎、江戸「撃剣館」に入門   ナポレオンがロシアに遠征

1826年 斎藤弥九郎、九段坂下に錬兵館を開く   シーボルトが江戸に到着

1871年 斎藤弥九郎 死去   明治4年 廃藩置県


【『天然理心流』の使い手(幕末維新)】

近藤勇 剛毅、殺気で圧倒する新選組局長

    近藤勇 天然理心流4代目を継承した気迫の剣士
土方歳三 様々な流派を学び体得した新選組副長

沖田総司 無明剣の天才剣士




-【流派】天然理心流, 幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 幕末維新 もののふ(武士)列伝『勤皇』『佐幕』 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.