【流派】示現流 幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】

『示現流』幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派

更新日:

幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】
町井勲先生
『示現流』

その荒々しさで名を馳せた『示現流』は薩摩藩内だけで代々受け継がれる“ご流派”として、門外不出の剣術流派でした。
幕末の京都でこの剣術が現れたとき、その迫力に他藩の藩士たちは度肝を抜かれたことでしょう。
『示現流』は二の太刀要らずの剛剣と呼ばれ、最初の太刀で相手を倒すことを極意とする、まさに「攻撃は最大の防御」「一撃必殺」の剣術でした。
相手の刀もろとも押し込んで脳天を割ることもあり、殺人剣と恐れられ新撰組の近藤勇も「示現流の初太刀だけは外せ」と隊士たちに注意をうながしたほどでした。
多流派とは明らかに趣を異にする示現流はどのようにして生まれたのでしょうか。
開祖は戦国時代末期の武士「東郷重位」です。薩摩で盛んだったタイ捨流を学んでいました。タイ捨流も相手に飛びかかり相手を錯乱して討つ。と激しい剣術でした。
東郷重位が藩主・島津義久に従って京に上がった際に、京都鞍馬口天寧寺の和尚・善吉より天真正自顕流の手ほどきを受け、印可を授かりました。
両流派の特徴を取り入れ東郷重位独自の新流派を創設したのが始まりとされています。
1604年藩主・家久の命で東郷重位はタイ捨流師範・新之丞と御膳試合をした。東郷重位は木刀を額の近くで水平に構えた。新之丞の打ち込んだ木刀は真っ二つに折れ、
圧倒的なその実力に薩摩藩では重用されるようになりました。
修行方法も独特です。木刀を手にして六尺ほどのマルタを立て、その間を左右からひたすら袈裟懸けに打ちまくる。激しい稽古を行った。
『示現流』はその長い歴史のなかざまざまな流派を生みました。幕末のテロリストとして恐れられた中村半次郎が使っていたのが「薬丸示現流」で、重位の5人の高弟のひとり薬丸刑部左衛門兼陳が編み出した流派で「野太刀示現流」とも呼ばれました。


【『示現流』の歴史】
1561年 開祖・東郷重位、生まれる。  ☆武田信玄と上杉謙信による川中島の戦い

1599年 島津家の御膳試合でタイ捨流を破り藩師範役に就任。  ☆関ヶ原の多戦い1600年の前年です

1643年 重位死去、息子・重方が二代宗家に。 ☆寛永の大飢饉、 ルイ14世、フランス国王に即位


【『示現流』の使い手(幕末維新)】

中村半次郎(薩摩藩)西郷隆盛と運命を共にした薩摩きっての切れ者
大山格之助(薩摩藩)西郷隆盛に殉じた義の男、薩摩一の剣の使い手
     大山格之助のページ
有村次左衛門(薩摩藩)桜田門外の変で井伊の首を斬った男
田中新兵衛(薩摩藩)天誅ブームの火付け役
伊牟田尚平(薩摩藩)攘夷を実行した男



							

-【流派】示現流, 幕末維新「武士・志士」どもが学んだ剣術【流派】
-, , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 幕末維新 もののふ(武士)列伝『勤皇』『佐幕』 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.