幕末維新 もののふ 武士 志士列伝 勤皇 佐幕 幕末維新もののふ「武士・志士」たちにとって剣術とは

幕末維新もののふ「武士・志士」たちにとって剣術とは

更新日:

刀の手入れ
勤皇であろうが佐幕であろうが『もののふ』たるもの、上級武士、下級武士、殿様にかかわらず必ず剣術を学んでいました。彼ら『もののふ』の根幹はソルジャー(戦士)だからです。
そして、諸藩には其々の流派である「ご流儀」を持っていました。土佐藩の殿様・山内容堂などはご流儀である無外流の達人まで上りつめました。
ご流儀は上級以上の武士の習得すべき習いでしたが、江戸時代の終盤は海外強国から開国を求められたり使用地を求められたりと、各藩は時代の流れに則し防衛の必要性に迫られ、下流藩士と言えども剣術を極めることを推奨したり他流試合を認めたりと各藩は強兵政策を打ち出すように変化しました。
江戸には大きな道場が集っており、そこへ藩命を受け剣術修行に訪れる武士が増えました。複数の流派を学んだり、他流試合も盛んに行われ、これまでになかった他藩や他流派の剣客との交流も増えました。
剣道の練習風景
藩のご流儀は剣術の流派にとどまらず、礼儀や家臣としてのふるまいそのもので、強さや腕前を追及する以上に心身ともに強くなる事で、武士は心を磨きました。
しかし、下級武士にいたるまで、他藩や他流はとの交流が増えたため、ご流儀の真意が崩れ、過激な思想に共鳴し徒党を組むものや藩意を越えた行く末を語り合うものなど様々なグループを生み出し、共鳴しあう形で、武士の時代を越えた時代の礎ができたのかも知れません。

【主要諸藩のご流儀(武術流派)一覧】

松前藩/神道無念流
弘前藩/小野派一刀流
仙台藩/新陰流
会津藩/会津伝一刀流溝口派

水戸藩/一刀流
尾張藩/神道無念流
越前藩/新陰流
彦根藩/未来記念流
紀州藩/浅山一伝流
長州藩/柳生新陰流
土佐藩/無外流
肥後藩/柳生新陰流
薩摩藩/示現流

-幕末維新 もののふ 武士 志士列伝 勤皇 佐幕, 幕末維新もののふ「武士・志士」たちにとって剣術とは
-, , , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 幕末維新 もののふ(武士)列伝『勤皇』『佐幕』 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.